行政書士になるメリット

行政書士は合格率の低い、かなり難関となっている資格です。しかし、仕事内容や将来性や就職率など魅力の多い資格ですので、毎年多くの人がこの資格を目指しているのです。では、この行政書士の資格をより近付けるためにはどうすればいいのでしょう。一番の近道としては、専門学校があります。

行政書士の専門学校へ通う人は様々です。まず、法律に関してまったくの初心者もいれば、大学の法学部出身者もいます。そして、行政書士の資格試験に不合格で再度試験を受けようとしている人もいるのです。専門学校も、こういった様々なレベルの人に合わせて、それぞれのコースを用意しているところもあり、自分のレベルに応じて勉強できるのが専門学校のメリットでしょう。

もちろん、専門学校へ入学せず独学で学ぶ方法もありますが、ただでさえ合格率の低い資格ですので、独学であればまず受からないと考えた方がいいです。出題範囲も広く、出題の傾向も独学であれば分析できませんので、やはり圧倒的に専門学校のほうが有利なのです。それは、合格率の高さでも証明されています。専門学校の中には通常の合格率の倍以上という突出した合格率を誇っているところもあるのです。行政書士に少しでも近づくには、やはり専門学校への入学が理想的と言えるでしょう。

参考サイト⇒http://www.o-hara.ac.jp/senmon/
行政書士コースがある【大原学園グループです。

行政書士の魅力とは

合格率が低いにも関わらず、毎年多くの人がこの行政書士になるために、国家試験を受け続けています。つまり、行政書士という仕事に魅力を感じる人が多いということにもなるのです。では、この行政書士の魅力とはどのようなものなのでしょう。

まずは、その仕事内容の範囲です。行政書士は法律に広く対応した職業です。そのため、行政書士の中でも、専門性を重視し、それを前面に押し出し差別化や個性を売り出す人がおおいのです。つまり、自分の得意分野ややりたい内容を自分で選び、それを磨いていくことで、自分らしさを発揮することができる仕事なのです。枠に縛られず、自分の強味で勝負したい人には最適で、かつ魅力的と言えるでしょう。

また、行政書士の魅力の一つとしては、独立しやすい仕事という特徴があります。資格習得後、すぐに独立は難しいでしょうが、まずは行政事務所で働きそこでキャリアを積んでいけば、顧客もついてくるでしょうし、信頼や信用も得られ、そこから独立して成功する人も多いのです。もちろん、独立を考えていない人にとっても、大企業の総務部や法務部での採用にかなり有利になります。このように、魅力やメリットの多いのが行政書士という資格なのです。

行政書士という仕事

国家資格を必要とする仕事は様々ですが、その中でも特に人気の高いものが行政書士です。では、そもそもこの行政書士の仕事内容とはどのようなものなのでしょう。簡単に言えば、役所に提出義務のある書類を作成する仕事です。例えば、建設業での道路やトンネルなどの工事には建築許可が必要となります。その他にも、飲食業許可や風俗営業許可、産廃物収集運搬業許可、宅建業免許登録などありとあらゆる許認可に行政書士は関わっています。

このように、行政書士に依存する許認可は10,000種類を超えるとも言われ、まさに許認可と法律の専門家といった職業なのです。そのためやりがいを感じ、この仕事を選ぶ人が増えています。ただ、国家試験に合格しなければ、行政書士としての仕事はできませんので、行政書士の資格を得るために、毎年多くの人が資格試験に挑んでいるのです。

行政書士試験は、法律に関する問題がほとんどですので、まずは法律に関しての知識が必要です。そのため法学部出身者が有利とされていますが、ただ試験の合格率は5%ほどとかなりの難関となっています。この難関を突破するには、いくら法学部出身であっても、やはり独学ではなく専門学校へ入学し、行政書士になるための勉強をする必要があるのです。

行政書士の専門学校

行政書士という国家資格があります。国家資格と言うからには、国家試験を受けて合格する必要がありますが、この行政書士は合格率が極めて低い資格なのです。しかし、毎年多くの人がこの行政書士の試験を受け、または試験を受けるために日々勉強に勤しんでいるのです。では、この行政書士になるためには、または資格を得るためにはどのような方法が最も近道になるのでしょう。

試験を受ける人は様々です。大学で法律を専門に学んできた人や、逆にまったく法律に疎い人、そして何度も国家試験に挑んでいる人などがいるのです。こういった多くの人たちを惹きつける行政書士の魅力としては、まずは自分の得意分野を生かせるという点があります。行政書士の仕事は主に国への許認可の申請です。ただ、許認可は約10,000種類あると言われ、その分野は多岐に及びます。行政書士にも強みと弱みがあります。自分の強い分野に磨きをかけることで、よりやりがいのある仕事となるわけです。また、独立しやすい職業とも言え、将来的に自分で事務所を開くなどの独立志望の人にも最適な職業でしょう。もちろん、大企業の総務部などへの就職も、資格があれば有利に働くはずです。

この行政書士になるには、専門学校への入学が最短距離になります。資格試験の範囲は非常に広く、独学で行うとどこの範囲に的を絞ればいいのか曖昧になります。専門学校は積み重ねてきたデータをもっています。出題範囲やその傾向もより具体的で且つ効率的に学ぶことができるのです。このサイトは行政書士になるための専門学校への入学について説明します。