行政書士になるメリット

行政書士は合格率の低い、かなり難関となっている資格です。しかし、仕事内容や将来性や就職率など魅力の多い資格ですので、毎年多くの人がこの資格を目指しているのです。では、この行政書士の資格をより近付けるためにはどうすればいいのでしょう。一番の近道としては、専門学校があります。

行政書士の専門学校へ通う人は様々です。まず、法律に関してまったくの初心者もいれば、大学の法学部出身者もいます。そして、行政書士の資格試験に不合格で再度試験を受けようとしている人もいるのです。専門学校も、こういった様々なレベルの人に合わせて、それぞれのコースを用意しているところもあり、自分のレベルに応じて勉強できるのが専門学校のメリットでしょう。

もちろん、専門学校へ入学せず独学で学ぶ方法もありますが、ただでさえ合格率の低い資格ですので、独学であればまず受からないと考えた方がいいです。出題範囲も広く、出題の傾向も独学であれば分析できませんので、やはり圧倒的に専門学校のほうが有利なのです。それは、合格率の高さでも証明されています。専門学校の中には通常の合格率の倍以上という突出した合格率を誇っているところもあるのです。行政書士に少しでも近づくには、やはり専門学校への入学が理想的と言えるでしょう。

参考サイト⇒http://www.o-hara.ac.jp/senmon/
行政書士コースがある【大原学園グループです。

Pocket