行政書士の魅力とは

合格率が低いにも関わらず、毎年多くの人がこの行政書士になるために、国家試験を受け続けています。つまり、行政書士という仕事に魅力を感じる人が多いということにもなるのです。では、この行政書士の魅力とはどのようなものなのでしょう。

まずは、その仕事内容の範囲です。行政書士は法律に広く対応した職業です。そのため、行政書士の中でも、専門性を重視し、それを前面に押し出し差別化や個性を売り出す人がおおいのです。つまり、自分の得意分野ややりたい内容を自分で選び、それを磨いていくことで、自分らしさを発揮することができる仕事なのです。枠に縛られず、自分の強味で勝負したい人には最適で、かつ魅力的と言えるでしょう。

また、行政書士の魅力の一つとしては、独立しやすい仕事という特徴があります。資格習得後、すぐに独立は難しいでしょうが、まずは行政事務所で働きそこでキャリアを積んでいけば、顧客もついてくるでしょうし、信頼や信用も得られ、そこから独立して成功する人も多いのです。もちろん、独立を考えていない人にとっても、大企業の総務部や法務部での採用にかなり有利になります。このように、魅力やメリットの多いのが行政書士という資格なのです。

Pocket