行政書士の専門学校

行政書士という国家資格があります。国家資格と言うからには、国家試験を受けて合格する必要がありますが、この行政書士は合格率が極めて低い資格なのです。しかし、毎年多くの人がこの行政書士の試験を受け、または試験を受けるために日々勉強に勤しんでいるのです。では、この行政書士になるためには、または資格を得るためにはどのような方法が最も近道になるのでしょう。

試験を受ける人は様々です。大学で法律を専門に学んできた人や、逆にまったく法律に疎い人、そして何度も国家試験に挑んでいる人などがいるのです。こういった多くの人たちを惹きつける行政書士の魅力としては、まずは自分の得意分野を生かせるという点があります。行政書士の仕事は主に国への許認可の申請です。ただ、許認可は約10,000種類あると言われ、その分野は多岐に及びます。行政書士にも強みと弱みがあります。自分の強い分野に磨きをかけることで、よりやりがいのある仕事となるわけです。また、独立しやすい職業とも言え、将来的に自分で事務所を開くなどの独立志望の人にも最適な職業でしょう。もちろん、大企業の総務部などへの就職も、資格があれば有利に働くはずです。

この行政書士になるには、専門学校への入学が最短距離になります。資格試験の範囲は非常に広く、独学で行うとどこの範囲に的を絞ればいいのか曖昧になります。専門学校は積み重ねてきたデータをもっています。出題範囲やその傾向もより具体的で且つ効率的に学ぶことができるのです。このサイトは行政書士になるための専門学校への入学について説明します。

Pocket